電話代行を利用することにより、社員が不在のタイミングであっても、顧客から掛かってきた電話を取りこぼすことが無くなります。ここでは、電話代行の利用を考える方に向け、月額制で利用する場合とコール数で選ぶ場合の違いを、メリットとデメリットを中心に、注意点も混じえて紹介していきます。

電話代行を月額制で利用する

電話代行を月額制で利用することにより、社員が不在がちな会社であっても、電話対応面での不安がなくなっていきます。ここでは、電話代行を月額制で利用する際に生じるメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。

電話代行をコール数で利用する

電話代行をコール数で利用することにより、繁忙期などの架電量が急増するタイミングであっても、電話対応面での不安がなくなります。ここでは、電話代行をコール数で利用する際に生じるメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。

電話代行をコール数で利用することのメリット

会社の事業を行っていく上で電話対応は必要不可欠な仕事です。しかしながら、スタッフのみで対応していると従業員が多くいる大企業ならともかく、中小企業ではどうしても人員は限られていますのでスタッフ不足に…

Read More

電話代行をコール数で利用することのデメリット

電話代行を依頼する際、コール数で契約することもあるのではないでしょうか。1ヵ月のコール数が安定しており、予測出来るなら、適切なコール数で契約することも可能かもしれません。しかし、どれくらいのコール…

Read More

電話代行をコール数で利用する際の注意点

コール数によって電話代行を利用するための月額料金が決まる

かかってきた電話の内容を一度専門の業者に転送して、要件を受けるとともに、その内容をメール等で転送してくれるサービスが、電話代行です。仕事で外出している等の理由で、電話に出られないケースが多い場合に、事務所への電話対応をしてもらえる他、相談窓口として対応してもらう場合にも、便利なサービスとなっています。電話代行サービスを利用するには、電話代行を行っている業者と契約する必要があり、毎月決まった金額を支払う必要があります。 電話代行業者が提示するプランにはいくつかの種類がありますが、1ヶ月あたりのコール数をベースとして、支払う金額が異なってくる点が特徴です。電話代行業者が提示する基本的な単価は、100コールに付き月額料金が1万円となっており、この基準をもとにして、プランが設定されています。

実際に支払う月額料金には通話料等も含まれる

電話代行業者が提示しているプランの金額については、あくまでもコール数に基づいた基本料金という位置づけとなっています。ただし、実際に請求される金額は基本料金以外に、転送時にかかる追加料金等、通話関係の料金も含まれている点に注意します。仮に、月に5コールまで可能な、1,000円の月額料金を契約したとして、オペレーターが対応するための費用は、10分あたり500円かかるとします。1コールあたり10分の対応をしてもらい、5コール分利用したとすると、実際に支払う金額は、3,500円になる計算です。 また、プランで指定されたコール回数を超えた場合には、追加料金が発生してしまう他、指定された回数のコール数に収まったとしても、余った回数分を繰り越すといった方法が使えない点にも注意します。